チャンピックスと禁煙マーク

チャンピックスを知っていますか?チャンピックスは二コチンを含まない禁煙補助剤です。チャンピックスを服用すると、タバコを美味しいと感じなくなるといいます。そうなれば禁煙も簡単にできそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

愛煙家にとってアスコルビン酸より効果的なニコレット

たばこの煙には数百種類にも及ぶ化学物質を含有しており、これを吸引することにより老化の原因物質である活性酸素が大量に生産されることになります。すると、これを抑制するために抗酸化作用があるビタミンCやポリフェノールなどの物質も大量に消費されることになります。良く、たばこを一本吸っただけでビタミンCが破壊されると言われていますが、実際にはこの様な作用によるものです。

このために、愛煙家の中には、たばこによるダメージを予防するために、ビタミンC(アスコルビン酸)やポリフェノールなどのサプリメントを利用しているケースもありますが、根本的な原因を改善していないので、焼け石に水の様な効果しか期待することは出来ません。これは、タバコ1本で25から100ミリグラムものビタミンCが破壊される一方で、ビタミンCの過剰摂取も身体にダメージを与えてしまうからです。つまり、失ったビタミンCを取り戻そうとするほど負担がかかるということになります。

この様な問題を改善するためには、やはり禁煙が一番効果的です。たばこを吸わなければ活性酸素が大量に生産されることはなくなるので、ビタミンCも消費されなくなります。このために、コラーゲンの生成などの他の役割のために使用される様になるので、美容や健康に様々なメリットを期待できます。

なお、愛煙家でも苦しむことなく禁煙に成功できるのが、ニコレットという指定第2類医薬品です。ガムの様に数回噛んだ後に歯茎にはりつけてニコチンを補給するという使用法で、禁断症状に苦しめられることなく、たばこから離れることが可能です。また、煙が発生することはないので、活性酸素が生産されることもありません。