チャンピックスと禁煙マーク

チャンピックスを知っていますか?チャンピックスは二コチンを含まない禁煙補助剤です。チャンピックスを服用すると、タバコを美味しいと感じなくなるといいます。そうなれば禁煙も簡単にできそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

チャンピックス以外の禁煙補助剤に含まれるニコチン

禁煙が成功しない理由は、煙草が生活習慣の一部となっていることもありますがその多くが煙草の中に含まれていたニコチンを吸うことができなくなったことにあります。ニコチンは煙草を吸うと煙と一緒に体内に入り、肺から脳へと運ばれます。脳内の神経細胞と神経細胞の間には隙間があり、そこを神経伝達物質が電気信号を伝える役割をはたしています。しかしニコチンはその神経伝達物質とよく似た構造をしているため、神経伝達物質の代わりにニコチンが受容体に結合してしまいます。神経伝達物質は消える速度が速いのにニコチンは長時間受容体と結合しているため、本来の神経伝達物質ではない長さでの結合を繰り返していると受容体の感度が落ちて行き、ニコチンによる刺激が不可欠となってしまいます。これにより煙草を吸わないとイライラする、すっきりしないという症状が出てしまうため禁煙に成功しにくいのです。従来の禁煙補助剤はパッチやガムなどにニコチンが含まれていて、イライラしたときなどに使用することでニコチンを補給し、少しずつその量を減らしていくことで禁煙へと導いていくものでした。しかし、ニコチンを摂取していることには変わりがないためイライラや眠気、やる気が起こらないなどの副作用が起こった場合に手っ取り早くニコチンを摂取できる煙草を吸ってしまうことがあり、やめることが難しいのです。しかしチャンピックスはニコチンと結合する受容体に先に結合してしまうため、ニコチンが脳内に入って来てもおいしいとか、すっきりする、という感じを味わえないようにしてしまう作用があります。また、ニコチンが切れ時のイライラなどの症状が感じにくくなっているため、禁煙に成功しやすいとも言われています。

チャンピックス服用でタバコが不味くなるって本当?

禁煙のための飲み薬であるチャンピックスを服用するとタバコが不味くなるといわれますが、不味くなるというよりは、タバコを吸った時の満足感が得られないといった方が適切な表現かもしれません。タバコを吸うとタバコに含まれるニコチンが脳にあるニコチン受容体という部分に結合して、ドパミンという物質が放出されます。ドパミンは気分を良くする働きがあるため、タバコが美味しく感じます。チャンピックスは受容体に結合して、ニコチンより少量のドパミンを放出させることで、ニコチン切れになったときの不快感を抑える働きがあります。また、チャンピックス服用中はタバコを吸っても、チャンピックスと受容体が結合することでニコチンと結合するのを妨害します。ニコチンによるドパミンの放出はほとんどされないため、タバコを吸った時の満足感が得られないことになります。タバコを吸った時の満足感が得られないことで、タバコが不味くなると思う人もいるかもしれません。ちなみに、チャンピックスの服用期間は個人差がありますが、基本的には12週間といわれています。禁煙する1週間から少量のチャンピックスを服用し、1週間後に禁煙を開始し、薬の量を増やします。数週間経つと効果が出てきますが、薬によって、タバコを吸う気持ちが薄れてきているだけで、薬の服用をやめてしまうと、タバコを吸いたくなる症状が出てきます。通院して医師の診断を受けて、服用しなくても大丈夫と診断されるまでは、自分の判断でやめるのは禁物です。また、タバコを吸わなくても平気な状態になったとしても、なんとなくタバコを吸ってしまえば、元の喫煙者に戻ることもあるので、安易にタバコを吸うことは控えた方がよいといえます。

チャンピックスがあれば禁煙は簡単?

喫煙者のうち約7割はニコチン依存症だと言われており、依存性は麻薬に近くタバコから離れることは非常に困難とされます。ニコチン依存症の理由は簡単で、タバコを吸うことで体内に吸収されるニコチンが、血液から脳へと到達し、ニコチン受容体に結合すると刺激を送り快楽物質となるドパミンを放出します。このドパミンは快楽や安心感を生むのですが、ニコチンの結合できる時間がおよそ30分~1時間と短く、すぐに消失してしまうために精神的な落差が発生し、脳が再びニコチンを欲求するようになります。1度や2度では依存性は認められませんが、繰り返しタバコを吸うことで辞められなくなり、最終的に依存症へと発展してしまいます。禁煙外来で処方されるチャンピックスは、ニコチン依存症のメカニズムに対応した作用機序を持ち、有効成分であるバレニクリンがニコチン受容体に結合できるようになっています。また、結合半減期が24時間と長く取り付くことから、1度の服用で1日はニコチンが受容体に結合することを防ぐことができるようになっています。加えて受容体に微弱な刺激を送り、少量のドパミンを放出させることで禁煙によるイライラなどの離脱症状を軽減できるようになっています。このことから、タバコを吸った実感が湧かなくなり、満足感が得られないことで禁煙へと導くのがチャンピックスの作用機序となります。治療薬を飲むだけで禁煙ができるので、現在出回っている禁煙補助剤の中では非常に効果が高く、手軽に実行できるのが特徴です。ただし、全ての人に効果があるとは言い切れず、ヘビースモーカーの人では少量のドパミンの放出では満足できずに、再喫煙してしまうということも少なくないようです。最終的には自分で喫煙を抑えるという意志が必要になるため、チャンピックスはあくまでも補助剤として利用するのが正しい方法です。